留学で現地生活を快適に過ごす方法

留学をする時に行きたい国の現地の生活を事前に調査しておくといいです。海外ではチップ制度があります。チップが必要ではない国もありますが、サービスの何パーセントが妥当なのか調べておきましょう。留学期間中に病気にかかるかもしれません。現地の生活で不安なことの一つです。日本の保険証は使えないので、留学生保険があります。この保険では、障害、疾病、盗難、紛失などに対する保険がワンセットになっています。保険は日本を出発前でないと加入することができないので出発前に加入しておきましょう。常備薬は、頭痛薬や風邪薬や胃腸薬は飲みなれたものを持っていく方がいいでしょう。現地での生活を快適に過ごすには、住居は滞在期間の半分だけにしておくのもいいです。現地にいけば、もっと安い滞在先が見つかったり仲良くなった友人とシェアして安く住むということがあります。国によって法律がありますが、飲食店等でアルバイトをするのがいいです。食事付の場合は食費が節約になります。現地へ行く時にはぜひ日本のお土産を持っていくことです。お土産は日本ならではの扇子や風呂敷、風鈴、折り紙、和紙などがいいでしょう。子供がいる家庭なら折り紙を教えてあげても喜ばれるでしょう。

充実した留学生活を送るには

近年、日本国内では英語の需要が増えており、小学校高学年から英語の授業が必修となりました。英語が必要とされている今、海外生活を希望する若者が増えてきているように思います。短期間の語学研修であれば、高校や大学のカリキュラムで設けている所もありますし、アメリカやカナダなどには日本人留学生が多い為、金銭的に問題がなければ誰でも気軽に留学生活を経験することが出来るでしょう。この貴重な経験を、より充実したものにするのはどのようにすれば良いのでしょうか。多くの学生が驚くのは、現地の日本人学生の多さです。学校のカリキュラムで、海外へ行った場合は、日本人集団で行動する為、自分から積極的に外国人と交流をした方が良いでしょう。外国人の中に飛び込むのは、とても勇気のいることですが、欧米人の多くは、異なる人種との交流になれているので、気さくにお話が出来るでしょう。日本人は文法を気にして、英語を話すことに躊躇しがちですが、現地の人々は文法が間違えてようが、全く気にしません。むしろ、日本で難しい単語を学んでいる為、驚かれることが、多いでしょう。欧米人は、パーティが大好きです。週末になると、誰かの自宅でホームパーティが開催されます。パーティの話がきたら、どんどん参加してみましょう。積極的に、現地の方と交流することが、充実した留学生活につながっていくでしょう。