留学での生活について

留学で一番関心があるのが人とのコミュニケーションではないだろうか。それがなければ友人をつくることは難しいしもし友人がいないとなるととても寂しいものになる。海外へ行くことは日本の家族や親戚、友人と離れてしまい、また新たな自立した生活を築いていくことになる。住み慣れた土地を離れることもかなりストレスになるかもしれない。そんなとき心強いのが友人なのである。もし人間世界が築けないのであればホームシックにかかり日本に戻ることになってしまう。そうなればせっかくの留学のチャンスがつぶれてしまう。なので留学先ではまず友人が生活に欠かせないことと言っても過言ではない。そうして徐々に現地の土地になじんでいくことにもなるのだ。どこになにがあってということを把握し基盤を固め、そしていざ困ったとき、頼りになるのは友人なのである。そしてまた現地の文化や習慣に対応する能力も必要である。日本とはそんなに大差ないかもしれないがやはりちょっとした現地での習慣を身につけておけばいろんな場合に遭遇したときにととても便利であるし、人間関係の潤滑油ともなるのである。そしてもう一つたいせつなことは治安の問題である。日本もいろんな事件があるわけであるがしかし海外で事件に巻き込まれるほどストレスになることはない。なので油断せずに自分の行動に責任を持ち、しっかり地についた生活を送ればとても楽しいものになることは間違いないのである。

留学生活で得られるもの

オーストラリア留学生活で得られるものはたくさんありますが、その中でも貴重なものを3つ紹介します。1つ目は当然得られるはずである語学力です。その国の語学を勉強してから渡航した人でも更に語学力はブラッシュアップされるでしょうし、生きた語学力が身につくことでしょう。2つ目は人脈です。海外で生活することにより、現地人の友人、知り合いもできるでしょうし、日本人でも日本国内ではなかなか仲良くなれないような人達と知り合い、友人になれます。海外にいる日本人の中にはお金持ちや大企業幹部のご子息ご令嬢も多いのですが、海外でいっしょに勉強し苦楽を共にすることにより彼らがあなたの一生の友人、財産となります。3つ目は柔軟な考え方です。海外に留学しているうちに柔軟な考えが身に付いてくるものです。日本国内にいると気がつかなかったけれど、世界では、環境、社会のルール、人々の考え方や習慣、店に売っているものまで多種多様であり、何でも一つではなくいろいろなものを許容し受け入れていかなければならないと感じます。いろいろなものを1つ1つ許容し受け入れて行くたびにいつしか柔軟な考え方が身に付いているものです。そしてその柔軟な考え方はあなたの人生を豊かで素晴らしいものにしてくれると思います。留学生活では語学力だけではなくいろいろなものが得られるのです。